CAFE

【9/19開催】哲学とお茶の時間 vol.11


2018年08月17日

 
話したいけど話しにくい、話してみたい、 そんな哲学的話題を気軽にゆるりとお話し頂ける場所を提供すべく、月に一度を目安にライトな「哲学とお茶の時間」を開催しています。今回11回目です!
 

 

話したいけど話しにくい、話してみたい、 そんな哲学的話題を気軽にゆるりとお話し頂ける場所を提供すべく、月に一度を目安に14時くらいから17時くらいまで、ライトな 「哲学とお茶の時間」を開催しています。
 
今回もスペシャル企画継続⁉︎
会の開催中、緑茶、焙じ茶、紅茶など
ワンオーダーでご参加の皆様に
お好きなお茶を、お好きなだけお出しします!
 
場所 :Organic cafe ゆきすきのくに(カウンター席)
 
時間 : 14時頃-17時頃まで
だいたいこの時間内であれば何時にお越し頂き、何時に帰って頂いても大丈夫です。16-17時頃はzineワークショップも同時開催(ご興味ある方)
 
人数 : 若干名 
 
料金 : ワンオーダー
(+ドネーション zine作成希望の方)
 
世間には哲学的な話をする人は面倒くさそう、厄介、ややこしい、小難しいなど、なかなか大っぴらに哲学の話をすることが憚られる空気感が漂っているように思われますが、実は多くの人の関心事でもあります。
 
お茶を飲みながらゆるりとセッションするように参加者で話すサロン風カウンターには、正垣家(ゆきすきのくにカフェスタッフ)ほか、zineコレクションのご紹介やワークショップをして頂いている仲井和子さん(カズビーライトワーカー)もご参加下さいます。
 
みなさんとともに日々の問いや気づきを哲学するように話し合える、そんな場になれば嬉しく思います。
 
 
〈この企画について〉
 
哲学の話をしたくても周りに話をできる相手がいない、と嘆かれているお客様がカフェにいらしたことがあり、店主とひとしきりお話し頂き満足してお帰り頂けたことから始まりました。
 
電磁波がアースされ、炭が練りこんである珪藻土の壁に囲まれた店内で、日本茶等で頭をすっきり、心を落ち着かせて穏やかにお話しして頂く時間になれば幸いです。
 
 
 
※ペダンティックと揶揄されるような話がしたい方も、とりあえずお話を聞けますよ、というくらいの内容ですので、あまりにも専門的な話だとこちらも全く分からない場合があります。。
一応、大学では哲学を専攻していたので、何も知らない人よりは聞く耳を持てると思います、という程度です。修行の成果か歳のせいか、大学で勉強したことは殆ど覚えていないため、だいたいのことはまっさらな気持ちで、興味深く聞けそうです^_^
何か答えを出せる訳でもなく、対話が成立する保証もありません。あくまでもライトに行いたいと思います。
 
※どんな話をしているのか聞くだけ聞いてみたい、という方も大歓迎なのですが、どなたがいついらっしゃるか把握できないので、お話をしたい人がいない場合は哲学的な話が聞けない可能性もあります。
 
※店主は不在です。お話が聞きたい方はぜひ毎月開催の暦講座へ。
 
※一般のお客様からオーダーが入った場合はそちらも対応させて頂き、また戻ってきます。予めご了承ください。
 
※参加予定にしにくい方は、当日いきなりの参加も歓迎です。