それは、東・西に 過去・未来に つながるくに

『ゆき』とは『悠紀』。『東』であり『未来』。
  『すき』とは『主基』。『西』であり『過去』。

『ゆきすきのくに』は先人達が守り伝えて来た、日本の原風景としてのふるさと(経る里=時間を費やしてきた価値の残る里)であり、人々の暮らしの中に遺る価値そのもの、言い換えれば『伝統』である。悠久の時の中で先人たちにセレクトされてきたモノ、コトにこそ、この国の主軸であり、未来をかたどるアイデンティティがある。※ ゆきすきのくにとは民俗情報工学家としての井戸理恵子の造語です。

 
 

ゆきすきのくに代表

井戸 理恵子


井戸理恵子(いどりえこ)ゆきすきのくに代表、民俗情報工学 研究家。
1964年北海道北見市生まれ。 國學院大學卒業後、株式会社リクルート フロムエーを経て現職。現在、多摩美術大学の非常勤講師として教鞭を執る傍ら、日本全国をまわって、先人の受け継いできた各地に残る伝統儀礼、風習、歌謡、信仰、地域特有の祭り、習慣、伝統技術などについて民俗学的な視点から、その意味と本質を読み解き、現代に活かすことを目的とする活動を精力的に続けている。
最近では、ホテルや温泉施設、化粧品会社の商品などのコンセプト、デザイン、ネーミングなどに携わるほか、映画やオペラ、アニメなどの時代考証、アドバイザーも務めている。「Back to future Japan(日本の未来に還ろう)」をコンセプトに、人間国宝や職人、科学者、神社界・仏教界の重鎮たちをネットワークし、伝統技術の継承にも積極的に関わっている。その他、東京北見会会長、河西ぼたん園顧問。

LATEST INFORMATION

「ABOUT」最新情報です。 →過去の記事へ


『魔法のラジオ』Holiday live in KITTEでのミニトークショー

New

ゴールデンウィークの最終日、東京駅KITTEにて開催されたHoliday live in KITTEにて、ミニトークショーに登壇しました。
『魔法のラジオ』パーソナリティーのフルート奏者の横田美穂さん、ニッポン放送アナウンサー坂本梨紗さんと一緒に、旧暦のこよみや、切手・郵便と日本文化についてのお話しをしました。→ニッポン放送の関連記事



「野生の知性」〜アエノコト養生訓〜を『傘松』に執筆中です

New

曹洞宗(永平寺)の機関誌『傘松』に縁あって長年連載を続けさせて頂いております。最新の連載は、「野生の知性」と「祈り」についての論考です。



絵本『いのちのつぶ 〜a particle of life〜』のご紹介

New

伊勢神宮の自然をテーマにした映画『うみやまあひだ』に込められた思いを、子どもたちにも伝えたい。そんな思いから企画した絵本ができあがりました。著名なプロダクトデザイナーである大上一重さんと大上ののさんが、この素敵な世界観の絵本を作ってくださいました。



井戸 理恵子の著書

『職人―伝えたい日本の“魂”』

匠-それは本当の日本人、あるべき日本人の姿。経済事情、歴史的・風土的な事情を背景に、それぞれの職人たちはどのように伝統技術を保持展開しているのだろうか―それが本書の職人たちへのインタビューの基本的なモチーフである。ほかにエッセーとして、日本を代表する建築家・黒川紀章、民俗情報工学研究家の井戸理恵子、作家の菅田正昭が寄稿している。

三交社 (2001/04)

『暦・しきたり・アエノコト 日本人が大切にしたいうつくしい暮らし』

日本人の自然感、信仰のあり方をひもときながら、どんな伝統的なしきたりや年中行事が残されてきているのか、それにはどういう意味があるのかを解説。祭事や五節供でいただく料理のレシピなどもイラストをふんだんに使って紹介。

かんき出版 (2012/11)

こころもからだも整う しきたり十二か月』

旧暦の知恵、月ごとのしきたり・行事…身の回りの樹木、花の開花や鳥の声から季節を読み取り、こころとからだを整える。365日かけてゆっくり読んでください。NHKラジオ「ラジオ深夜便」、TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」でも大反響だった前作『暦・しきたり・アエノコト 日本人が大切にしたいうつくしい暮らし』の読者、ラジオリスナーのみなさまからのリクエストにおこたえして、より実用的な内容となっています。

かんき出版 (2013/11)

『日本人なら知っておきたい! カミサマを味方につける本』

わたしたちに日本人は、森羅万象すべてのものにカミが宿ると考えてきました。空にも海にも、山にも森にも、岩にも石にも、家にもトイレにもカミサマの存在を思っていました。普通はカミサマを見たことがなく、姿かたちもわからないのに、みな「カミサマ」と口にします。大切なことは「カミサマ、どうかうまくいきますように」と祈り、悪いことをすれば「カミサマごめんなさい」と心の中で謝る。それを自然と行なってきたのがわたしたちです。そんなカミサマをもっと知り、もっと身近に感じ、味方につけてしまおうという趣旨のもと、本書は日本独特の暮らし、「しきたり」や「しつらい」を紹介し、毎日の生活にうまく取り入れる方法を解きます。人智の及ばないことをカミサマの力として尊び、カミサマを身近な存在として暮らしてきた日本と日本人をもっと好きになる本です。

PHP研究所 (2013/12)

会社概要

 会社名

ゆきすきのくに合同会社

 ホームページ

http://www.yukisukinokuni.jp/

 事業内容

民俗情報工学の見地から、日本の『文化』、『伝統』、『信仰』、『暦』、『伝統職人』などについての講演会やセミナー、ツアーの企画開催。

伝統素材や技術を活用した商品企画プロデュース。

伝統を体感できるサロン「琥榭庵(こしゃあん)」の運営。

こだわりの食材で医食同源の料理を提供する「オーガニック・カフェ ゆきすきのくに」の運営。

 住 所

東京都武蔵野市御殿山1丁目

 琥榭庵

琥榭庵(こしゃあん)とはゆきすきのくにがプロデュースするイベント、セミナー、勉強会などを開催するプライベートサロンです。名前の由来は江戸の西側、食物を司ると言われる大黒天のもつ七宝の中のひとつ、「琥珀」が西の方角を守る聖獣、白虎をも包括するという意味で「琥」、蓮台の上で未来を予見する場所との意味で「榭」庵。伝統とは今まで繋がってきたコト、モノ。そこには未来をも生かし得る生物が種族を生き長らえさせてきたような強い「遺伝子」にも似た普遍性があります。
古代ヘブライ語の「人を生かすよきもの」としてのKosherにも通じる。よきたべもの、よき空間、よき人との出逢いをとおして、確かな未来への礎を築くという意味を込めました。

CONTACT

お問い合わせは、右記リンクのフォームよりお気軽におたずね下さい。